過去問から学ぶ中小企業診断士合格講座 企業経営理論 第1次試験 H28


ccc

社会人になって中小企業診断士を長年勉強しているけどなかなか身につかない、そんな診断士の壁に思い悩んでいる人も多いのではないでしょうか。その結果、中小診断士は難しいものと捉えるようになりどんどん診断士の学習から遠ざかっていきます。あなたがまず始まることは、中小企業診断士は難しいという考えを捨て、診断士の学習そのものを楽しむ姿勢を心がけることです。当サイトでは、楽しく学ぶ方法として過去問を使った中小企業診断士の学習を提案しています。

ドメインの定義における機能的定義は、エーベルの3次元の顧客層に相当する顧客ニーズと、
それに対して自社の提供するサービス内容で定義する方法である。

エーベルの3次元は、Customer:顧客層、Function:機能層、Technology:技術の3つの切り口で表わされます。

プロパテント戦略は、差止請求権や損害賠償請求権などの法的手段で特許を守る戦略ではなく、
知的財産権全般の保護を目的とした知財戦略の基本をなすものである。

proは「支持する」という意味の接頭語、patentは特許のことです。

z

z

z

z