[企業経営理論]組織構造論の重要用語4つ


東京都内でサラリーマンをしている育児ブロガー、CCCです。
育児に関する記事を執筆して、生活に役立つ情報を配信しています。


企業経営理論の組織構造論は、どんな問題が出題されるの?

といった疑問を持つ方は多いです。

実は、中小企業診断士試験の企業経営理論に出題される組織構造論はそう難しくありません。

実際に、組織構造論の重要用語4つを紹介し、読者が分かりやすい記事を執筆しました。

記事を読み終えると、組織構造論の用語をイメージでき、組織構造論とは何かを理解できます。

スパン・オブ・コントロール

1人の管理者が指揮監督できる人数に一定の限界があり、これを超えて部下を持つと管理効率が低下する原則をスパン・オブ・コントロールといいます。

ラインとスタッフ

購買・製造・販売といった欠けると経営活動が成り立たなくなる機能をライン、ラインを支援する機能をスタッフといいます。

ラインの各機能は利益向上に貢献するので、プロフィットセンターといいます。

組織構造の形態

組織構造の形態は次のとおり分類されます。

  • 機能別組織
    営業・製造・管理など機能別に単位化した組織
  • 事業部制組織
    東日本事業部・西日本事業部など事業部別に単位化した組織
  • プロジェクトチーム
    全社にまたがる課題を解決するため、各機能や部門から集められた一時的な組織
  • マトリックス組織
    全社にまたがる課題を解決するため、各機能や部門から集められた恒常的な組織
  • カンパニー制
    事業部を擬似的に1つの会社としてみなして、分社化する組織形態

機能別組織のメリットとデメリットは次のとおりです。

  • メリット
    単純な階層構造なので、組織を統制しやすい
  • デメリット
    機能間の調整が困難で、トップの負担が大きい

事業部制組織のメリットとデメリットは次のとおりです。

  • メリット
    事業部で構成されるので、利益責任が明確化し、限定された事業環境に即応した対応ができる
  • デメリット
    職能や設備が各事業部で重複するため、コストがかさむ

プロジェクトチーム・マトリックス組織のメリットとデメリットは次のとおりです。

  • メリット
    機能や部門を縦軸に、各機能や部門にまたがって横串を入れた2次元に基づく組織のため、範囲の経済を追求できる
  • デメリット
    複数の管理者から指示を受けるワンマンツーボスシステムとなるため、組織構成員は混乱を生じやすい

バランスシート経営

貸借対照表により資産・負債・資本の管理を重視する経営をバランスシート経営といいます。カンパニー制もこれにあたります。