JetbotのCollision Avoidanceで教師あり学習データセットを作成する

スポンサーリンク

学習データセットを作成する

衝突を回避するために取るべきアプローチは、ロボットの周囲に仮想的な安全領域を作ることであり、安全領域の中で、Jetbotは、いかなる物体にもぶつかることなく、円を描くように回転することができます。

ロボットを安全領域に違反するシナリオに手動で配置し、blockedのラベルを貼り、カメラのスナップショットを保存します。

前進して安全なシナリオにロボットを手動で配置し、freeのラベルを貼り、スナップショットを保存します。

freeblockedのサブフォルダで構成するdatasetフォルダを作成し、シナリオの画像を配置します。

データセットフォルダをzipファイルに圧縮して保管しておくと、再利用に便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました