Google ChromeでJavaScriptを有効にする


ccc

こんにちわ!


Google ChromeでJavaScriptを有効にする方法を教えてください。


ccc

JavaScriptはクライアント側で実行されるオブジェクト指向型のスクリプト言語です。主にブラウザ上で実行され、ユーザのアクションに応じて動的にWebページの内容を書き換えたり、フォームに入力された内容をチェックしたりといったことがクライアント側で実現できます。また、Ajaxという仕組みを利用することで、Webサーバーとブラウザとの間で非同期通信を行えるので、ページを切り替えることなくページの内容を書き換えることができます。Web系AIとJavaScriptの親和性はピカイチで、AIをWebブラウザから使うためのライブラリが公開されています。


ccc

今回はJavaScriptの使い方として、Google ChromeでJavaScriptを有効にする方法をサンプルを用いて解説します。

ChromeでJavaScriptを有効にする

JavaScript をChromeで実行するには、JavaScriptを有効にする必要があります。

Chrome>右上メニューボタン>プライバシーとセキュリティ>サイトの設定を選択します。

コンテンツ>JavaScriptを選択します。

JavaScriptの有効/無効を設定できる画面が開きます。許可(推奨)がONになっていればJavaScriptは有効です。