Fortigateの仕組みからL2とL3の機能を比較する

スポンサーリンク

L2とL3の違いを理解する

FortiGateにトランスペアレントモードNATモードの2つのオペレーションモードがあります。

トランスペアレントモードは、L2で利用し、1つの管理IPアドレスのみを持ち、データ転送だけを行うため、ルーティングの機能がありません。

NATモードは、L3で利用し、複数のIPアドレスを作成してルーティングを行えるので、VLAN間で通信をしたい場合に有効です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました