甘くて旨くて柔らかい神戸牛すき焼き


ccc

こんにちわ!


「甘くて旨くて柔らかい神戸牛すき焼き」の作り方を教えてください。


ccc

世界三大料理と言われるフランス料理はイタリア料理よりも敷居が高いと感じてしまいがちですが、フランス料理は味付けや調理法がシンプルで誰でも作れるものばかりです。日本の約1.5倍の国土を持つ農業大国として知られているフランスでは地域の特色を生かしたさまざまな郷土料理があり、野菜を中心としたヘルシーな料理がたくさんあります。季節の野菜やハーブを使い、シンプルな味付けながら素材の旨味を生かした料理が特徴です。フランスの人々は平日を忙しく過ごすため家庭で食事を済ませることが多く、仕事帰りにチーズとハムとバゲットを買い、野菜が食べたいときはサラダを足して、子どもたちには温かいスープを足す。家にはワインがストックされて、週末はのんびりマルシェへ出かけて鶏肉専門店でローストチキンを買う、これで豪華なブランチの完成です。料理が好きな人は週末に家族や友人を招いて家庭料理を振る舞います。乳製品や加工肉、パン、ワインが美味しいフランスならではの庶民派フレンチはこんなシンプルな食事なのです。


ccc

今回は家庭で作れるフレンチとして、「甘くて旨くて柔らかい神戸牛すき焼き」のレシピを伝授します。

甘くて旨くて柔らかい神戸牛すき焼き

牛肉と豆腐などを使って甘辛く煮て、溶き卵を絡めていただきます。牛肉の旨みが出て煮汁に深みが出ます。みんなで集まって食べるのにおすすめの一品です。

材料

  • 牛ロース薄切り肉 300g
  • 木綿豆腐 1丁
  • ねぎ 1本
  • ごぼう 1/2本
  • にんじん 1/2本
  • しいたけ 5個
  • 白菜 1/4個
  • 春菊 1/2束
  • しらたき 200g
  • 牛脂 適量
  • 卵 適量
  • しょうゆ 100cc
  • みりん 100cc
  • 水 100cc
  • 砂糖 50cc

作り方

牛ロース薄切り肉を食べやすい大きさにカットします。

材料を食べやすい大きさにカットします。しらたきと人参とごぼうはボイルして水気を切っておきます。

牛脂で牛肉を軽く炒めます。しょうゆ、みりん、水、砂糖を加えます。沸騰したら残りのすべての具材を投入します。

全体に火が通って味が染みるまで、ぐつぐつと煮ます。卵を添えて完成です。