生チョコレートケーキ 彩りフルーツ添え


ccc

こんにちわ!東京都内でサラリーマンをしているAI・育児ブロガーのCCCです。 AI(人工知能)と子育てに関する記事を執筆しています。 WebシステムをベースとしたAIを活用することで生活をより便利にする方法を紹介し、育児について衣食住における役立つグッズや情報を配信しています。


「生チョコレートケーキ 彩りフルーツ添え」の作り方を教えてください。


ccc

世界三大料理と言われるフランス料理はイタリア料理よりも敷居が高いと感じてしまいがちですが、フランス料理は味付けや調理法がシンプルで誰でも作れるものばかりです。日本の約1.5倍の国土を持つ農業大国として知られているフランスでは地域の特色を生かしたさまざまな郷土料理があり、野菜を中心としたヘルシーな料理がたくさんあります。季節の野菜やハーブを使い、シンプルな味付けながら素材の旨味を生かした料理が特徴です。フランスの人々は平日を忙しく過ごすため家庭で食事を済ませることが多く、仕事帰りにチーズとハムとバゲットを買い、野菜が食べたいときはサラダを足して、子どもたちには温かいスープを足す。家にはワインがストックされて、週末はのんびりマルシェへ出かけて鶏肉専門店でローストチキンを買う、これで豪華なブランチの完成です。料理が好きな人は週末に家族や友人を招いて家庭料理を振る舞います。乳製品や加工肉、パン、ワインが美味しいフランスならではの庶民派フレンチはこんなシンプルな食事なのです。


ccc

今回は家庭で作れるフレンチとして、「生チョコレートケーキ 彩りフルーツ添え」のレシピを伝授します。

生チョコレートケーキ 彩りフルーツ添え

スポンジはしっとりふわふわ!濃厚な生チョコレートでコーティングするケーキをご紹介します。

材料

  • 卵白 3個
  • 卵黄 3個
  • きび糖 120g
  • 薄力粉 80g
  • 牛乳 50cc
  • バター 30g
  • 純ココア 20g
  • 生クリーム 200cc
  • チョコレート 200g

※18cm丸型1台分のレシピです。

作り方

ボウルに卵白を入れて泡立て器で泡立てます。

グラニュー糖を半分加えてさらに泡立てます。残りの半分を加えて、メレンゲの角が立つまで泡立てます。

卵黄を加えて混ぜ合わせます。

薄力粉をふるいにかけながら加えます。ゴムベラで底から生地をすくいあげ、生地を切るようにさっくり混ぜ合わせます(①)。

耐熱ボウルにバターと牛乳を入れ、ラップをしてレンジで1分半温めます。

ココアをふるいにかけながら加えて溶かします。ココアが完全に溶けるまでかき混ぜます(②)。

①に②を少しずつ回し入れて、ゴムベラで底から生地をすくいあげ、生地を切るようにさっくり混ぜ合わせます。

クッキングシートを敷いた型に生地を流し入れます。型を10cmの高さから3回落として空気抜きをして表面を平らにならします。

170度に温めておいたオーブンで40分焼きます。焼けたら、型を10cmの高さから3回落として焼き縮みを防ぎます。

型から取り出してクッキングシートを外します。上の面を下にして置いて冷まします。

スポンジが冷めたら三枚にスライスにします。

小鍋に生クリームを入れて弱火で温めます。細かく刻んだチョコレートを加えて、泡立てるように混ぜて溶かします(③)。

スポンジの切り口に③のチョコクリームをたっぷりサンドします。上や側面にもたっぷり塗ってコーティングします。

チョコレートクリームが固まったら、お好みのフルーツをのせて完成です。